韓国語を聞き取る

リスニング能力を上げるには

音声教材を何度も繰り返して練習する

「韓国語という言葉を勉強したい」と思うきっかけは人それぞれ。海外旅行先として訪れた韓国という国に魅せられて言葉を理解したいと思うようになった人もいれば、夢中になったドラマのセリフをリアルタイムで理解したいと思うようになった人もいるでしょう。韓国語の勉強ならこちら。

もしくはもっと切実に「韓国に赴任することになったため韓国語の日常会話はこなせるように上達しなくては」という場合も。外国語のコミュニケーションでは、自分から話すことも大切ですが、まずは相手が話していることをわかる必要があります。

また、ヒト対ヒトのコミュニケーション以外にも、空港や駅でのアナウンスがわからないと、目的地に到着するだけでも一苦労です。語学学習で優先したいことはまずはリスニング技術の上達、聞き取りができるようになることです。

では、具体的に韓国語の聞き取り、リスニングが上達するコツにはどのような方法があるのでしょうか。確かに韓国語のリスニング能力を上げるためには、様々な学習方法があります。

なかでも、重視したいポイントが「韓国語の会話を聞く」機会を増やすということです。もちろん韓国語のドラマや映画もよいのですが、語学学習となると韓国語で広く使われる表現をまんべんなく知る必要があります。そのためには、特に音声教材を何度も繰り返して練習することで、かなりのレベルまで聞き取りが出来るようになるでしょう。

その自信がついたらもう一度今まで見ていた映画やドラマを観てみると、おどろくほど会話内容が理解できるようになっているはずです。この音声教材学習のコツは「無理をしないこと」。

例えば、教材内容をあらかじめ暗記しておかないと、聞き取り時にほとんど理解できないなら、現在のあなたの韓国語レベルからは難しすぎるもの。もっと簡単なものに変えてみるのがいいでしょう。このようなちょっとしたコツを押さえて反復練習をすることが韓国語上達の近道ですよ!