韓国語を聞き取る

リピーティングで上達

鍛える基本がリピーティング

ある程度「韓国語」の音声教材に慣れてきて聞き取りができるようになったら、さらにリスニング能力を鍛えていきましょう。そのために効果的な基本トレーニングが「リピーティング」です。「リピーティング」とは、韓国語の音声を聞き取ったあと、自分で同じ内容を忠実に繰り返し発音することです。

自分が聞き取ることができた音声をそのまま繰り返すのが「リピーティング」であるのに対し、「シャドーイング」は聞くそばから、歌の輪唱のように追いかけて発音します。「リピーティング」は韓国語の発生内容を記憶してから、一気に発音する必要があるため「シャドーイング」よりも難易度が上がる分、リスニング能力強化は抜群です。

実際の学習方法としては、1フレーズずつ流しては途中停止して「リピーティング」を行うことを繰り返します。「リピーティング」で重要なことは、先に聞き取った教材内容を、忠実に一字一句間違えないように繰り返し発生することです。そのために聞き取った韓国語のフレーズを集中して正確に記憶しておかなければならないため、「リピーティング」を繰り返すことで、韓国語リスニング能力とポキャブラリーが同時に向上していくことが期待できます。

必ず聞き終わりに正確に聞き取れているかを確認して「リピーティング」を行うようにしましょう。正確に聞き取れていないと、間違った内容を繰り返してしまうことになり、意味のない韓国語学習になってしまうので注意してくださいね。

「リピーティング」のコツは、はじめのうちは無理をしないことです。単語や短い文章から始めると分かりやすいですね。なるべく細かく区切られた音声データを「リピーティング」するようにして確実にフレーズをマスターしていきましょう。慣れてきたら、少しずつ区切りを長くすればいいのです。